掲載サイト数
103

口コミ数
4,401

訪問者数
アクセスカウンター

悪徳サイト
万舟JAPAN(万舟ジャパン)
2021年06月24日
記事UP!!
万舟JAPAN(万舟ジャパン)
2021年6月24日 NEW!!
🌸 サクラサイトと見抜けた理由 🌸

6/13 児島6Rでありえない「売上独占
他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。
詳しくはコチラ

 6/13 児島6Rでありえない「売上独占

今回、私が調査を行ったのは万舟JAPAN(万舟ジャパン)というサイトです。

この万舟JAPAN(万舟ジャパン)の調査を行ったところ、万舟JAPAN(万舟ジャパン)は悪徳サクラサイトである可能性が判明しました。

それは、6月13日に的中したとされているというプランで、悪徳サクラサイトによくあるあり得ない高額な払い戻し金額があったからです。

下記は万舟JAPAN(万舟ジャパン)が6月13日(日)の結果としてサイト上に公開されていたものですが、児島6Rで206万円ほどの払い戻しがあったとされています。



しかし、児島ボートレース場より公式発表されている6月13日(日)の開催における児島6Rの舟券売上金額を見てみると



募集定員については万舟JAPAN(万舟ジャパン)のサイト内には記載されていませんので、正確な人数はわかりませんが、参加者を5名と仮定するとこのプランに参加した会員が受けた払い戻しの合計は

206万4000円×5名=1032万円


なんと!この金額は、児島6Rの全体の舟券売上(1645万7600円)の約63%にあたる金額となるのです!!

しかし、テラ銭(舟券売り上げの25%が施工者の利益として引かれる)の411万4400円を考慮すると実際に払い戻しに使われる金額は

1234万3200円

となり、これは

全体の舟券売上の約84%にあたるアリエナイ金額となるのです!!


このイカサマの事実からも6月13日(日)のに参加した会員は、「誰もいない」という事が判明しました。


つまり、この的中実績はイカサマであり捏造されています。


このように万舟JAPAN(万舟ジャパン)では、イカサマ・捏造が日常化しているようです。

ほとんどの悪徳サクラサイトではこのように競艇ファンの射幸心を煽る為に、イカサマ捏造行為を繰り返しながら「自分も儲けられる」と信じ込ませるような実績を作るといった悪質な運営を行っているのです!!


以上の点から万舟JAPAN(万舟ジャパン)

イカサマ捏造率は100%と判断出来ます!


他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。

皆様からの情報提供をお待ちしております。


運営会社詳細
【サイト名】 万舟JAPAN(万舟ジャパン)
【運営会社】 合同会社29
【運営者】 渡部 勝利
【電話番号】 03-6264-4170
【住所】 東京都品川区中延6-1-22



「万舟JAPAN(万舟ジャパン)」の評価や体験談を投稿

コメントを残す

皆さまの「万舟JAPAN(万舟ジャパン)」の口コミ・評価・体験談

  • 匿名 より:

    無料予想の出し方からしてあまり良くない印象
    3連複でもハズしまくってるし粗が目立つから注意した方がいい予想サイトだね。

  • 匿名 より:

    担当からのメールが意味不明なものが多いよね。適当に書いてるのがよくわかる。
    メールもしっかり送れないような予想サイトは全く信用出来ない。ここで情報買おうなんて思えないよね。

  • 匿名 より:

    本気で資産を増やせるなんて思っているなら、辞めた方がいいよ。
    増えるどころか一気に減少していくよ。
    的中実績なんて後出しだし、的中すらままならないのに万舟なんて的中しないでしょう。

最新的中TOP5

 1位 競艇予想ノヴァ

7月20日 76万9230円獲得!!

→的中予想を見る

 2位 競艇バレット

7月17日 67万6200円獲得!!

→的中予想を見る

 3位 競艇ブルーオーシャン

7月16日 58万8000円獲得!!

→的中予想を見る

 4位 ジャパンボートレースサロン

7月16日 35万6040円獲得!!

→的中予想を見る

 5位 三競的中の法則

7月17日 33万2920円獲得!!

→的中予想を見る

アクセス急上昇サイト

口コミ件数 13件

口コミ件数 128件

 3位 競艇バレット

口コミ件数 47件

口コミ件数 163件

 5位 競艇BULL

口コミ件数 3件

管理人の思い

2017年12月、私はある求人を見つけました。

「競艇ライター募集」
元々競艇が一番の趣味であった私は「趣味が仕事にできる」と飛びつきましたが、今思えばそれが人生最大の過ちでした。

スグに面接を希望し、返信が届き、翌日に事務所までこれないか?と言われ張り切って向かいました。

面接には若い男2人組が現れ、そこで聞かれたことは「競艇歴」と「予想ができるか?」でした。
歴は10年、予想は個人舟券程度なら‥と答えたのですが、その回答をした途端「採用決定!」と2人は大変喜んでいました。

競艇雑誌のライターのような仕事をイメージしていた私は少々あっけにとられたのですが、その日はそのまま帰路につくことに。
翌日から出社させられると、オペレーター専用ルームなるものが用意されていました。

席に着くと、その会社の本当の業務内容を始めて説明されました。
実はその会社は「競艇予想サイト」だったのです。
ライターで募集をかけて予想できそうな人間を探したいたそうです。

当時は予想サイトの存在すら知らなかった私は出会い系のサクラを連想し、大変恐怖を感じました。

その会社では当時予想サイトを3サイト運営していて、各サイトに2名ずつサポートが付いていました。
驚愕したのは、その全員が「競艇を知らない素人だった」ことです。

専属の現地記者や予想ロボットがいると、サイトには体の良いことが書いてあったのですが、実際はそのような情報源はなく、予想もその素人達が行っていたそうです。

曲がりなりにも競艇を知っていた私はその会社では神の様に扱われましたが、業務内容はさらにストレスフルな物がまっていました。

・1日30本の予想
・1日30個のサクラレビューの投稿

予想が当たらない時はオーナーの機嫌が悪くなり、「お前が当てられないならユーザーに高額商品を売れ」とセールスを強要されました。
何より過酷だったのは、サクラ口コミの投稿作業です。

本当は当たっていないのにー当たったと書かなくてはいけない作業でした。

商品さえ売れれば、例え口コミやセールス内容のつじつまが合っていなくても許されました。オーナーがいつも言っていたのは
「他が騙してるんだからウチも騙さないと売れないっしょ?」でした。

情けない話ですが、反社会勢力を思わすようなオーナーの風貌にビビッてしまい、自分は意見することはできませんでした。

糞の様な詐欺競艇サイトが世の中に蔓延している、その事実を知りながら、1年間もそこに勤めました。
結局1年間「競艇に関する記事(ライター業務)」をすることは一度もありませんでした。

辞める際も、「ほかの競艇予想サイトに入社したら●すから」という脅しも受けました。

暗い自己紹介になってしまいましたが、私が当サイトを立ち上げた理由はシンプルです。
世の中から悪徳な競艇サイトを撲滅したい。

勇気と信念をもって、誰よりもサイトの裏側を知る自分がやらなければいけないと思います。
ただ悪口を言うだけの検証サイト、内部の人間が書いた「サクラ口コミ」を容認するようなサイトにだけは絶対にしません。

私の競艇知識と運営者経験から、真面目で競艇が好きなサイトを見つけ出し、応援しようと思います。

私の様な犠牲者が二度と現れませんように…。

サイト内検索

最新口コミ