掲載サイト数
96

口コミ投稿数
3,562

訪問者数
アクセスカウンター

悪徳サイト

悪徳サイトを見抜くコツ

管理人が、普段どのように悪徳サイトを見抜いているのか「コツ」をお伝えします。
競艇予想サイトのサクラをやっていた私の独自の視点ですので是非ご参考ください。

①100%「虚偽」の払戻し実績
②競艇「素人」が目標獲得金額を設定している事実
③値引き商法は取材班が「実在しない」裏付け

以上のような視点で競艇予想サイトをしっかりと見極めれば、騙されることはありません。
このような最低限の基準を満たしていないサイト一覧をまとめています。

ご注意ください‥

悪徳サイト
ボートコンサルティング
2020年2月23日
※サイト閉鎖※
ボートコンサルティング
2020年2月23日 ※サイト閉鎖※
🌸 サクラサイトと見抜けた理由 🌸

適当な回収率から捏造の事実がバレる!
他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。
詳しくはコチラ

 適当な回収率から捏造の事実がバレる!

今回、私が調査を行ったのはボートコンサルティングというサイトです。
このボートコンサルティングの的中実績は的中率回収率、そして利益のみというサイトでした。

更に、ボートコンサルティングは有料コースが1つしかなく、その内容は下記の通りとなります。



これではいつもの方法では検証が出来ないと思っていたのですが、この回収率利益をよく見てみると衝撃の事実が判明したのです!



上記の画像は、ボートコンサルティングがサイト上に表示していた過去の的中実績ですが、11月の回収率が1179%となっているのに利益は86万3200円となっています。

しかし、12月と1月の回収率と利益を見てみると、11月の回収率よりも低いのに利益は2倍以上となっています。

サイト上の実績の部分には「利益は1レース5千円の購入目安通りに購入した際の利益額を表示しています」という表記があり、提供は約1ヶ月で20レースなので、

20レース × 5000円 =10万円

参加料金は9万5000円なので、1ヶ月の参加で掛かる費用は

19万5000円

目標利益200万円の部分では、「払戻金から舟券代・参加料金を除いた利益額」と記載していますので、当然、回収率の計算には参加料金も考慮しているはずです。

ですので、11月の利益から回収率を計算すると

86万3200円 ÷ 19万5000円 = 4.42666……

回収率は443%となるはずです。

? ? ? ? ?

計算が全く合いません。

12月と1月の回収率についても計算してみても

12月 回収率747%

186万6730円 ÷ 19万5000円 = 9.57297……

1月 回収率786

205万8040円 ÷ 19万5000円 = 10.55405……

と、やはり計算が合いません。

また、買い目情報のサンプルとして、2019年11月20日の浜名湖5Rの買い目が見れるのですが、そのレースを見てみると



上記のレースを提供していたようですが、このレースの結果は



配当は3連単3450円となり、掛け金は200円ですので、払戻金は僅か6900円とトリガミでこそないものの1レースあたりの参加料金を考えれば完全に赤字です。

更に、この買い目情報のサンプルの電投締切時刻は【13時42分】と記載されておりますが。実際のこの日の浜名湖5Rの電投締切時刻は【12時24分】となっており、1時間以上もズレている事が分かったのです!

ボートコンサルティングが目標利益として言っている200万円を達成するには1日平均10万円以上の払い戻しがなければ達成することは不可能です。

ましてや、的中率は100%ではなく、200万円は払戻金から舟券代と参加料金を除いた利益と表明しているので、少なくとも1日15万円以上の払戻金が必要となります。

そして、払戻金が15万円を超えるとなれば約75倍以上の配当が付かなければなりません。
本当にそのようなレースを的中しているのであれば、的中率や回収率、利益などといった大雑把なものではなく、しっかりと実績を記載した方がサイトの信頼は上がり、会員も安心してサイトを信じる事が出来るはずです。

それは誇るべき事であって、決して隠すような事ではありません。

このように的中実績を表示しないようにしている理由は、やましい事をしているという意識や後ろめたいと思う気持ちがあるのからこそなのです。


以上の点からボートコンサルティング

イカサマ捏造率は100%と判断出来ます!


他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。

皆様からのボートコンサルティングの情報提供もお待ちしております。


運営会社詳細
【サイト名】 ボートコンサルティング
【運営会社】 株式会社NEXUS
【運営者】 佐山 良彦
【電話番号】 03-5325-3087
【住所】 東京都新宿区西新宿7-2-6

悪徳サイト
競艇界でノミ行為が横行か?ボートレース「…
2020年2月20日
記事更新!!
競艇界でノミ行為が横行か?ボートレース「西川昌希」八百長が発覚!
2020年2月20日 NEW!!
🌸 大八百長スキャンダル! 🌸

3年間で3億円を荒稼ぎか!?
詳しくはコチラ

 2/20 競艇界の八百長問題の続報

競艇界を揺るがし、多くの競艇ファン、そして業界関係者に衝撃が走った大事件が発覚してから早くも1ヶ月半が経過しました。

その事件とは、競艇選手による『八百長事件』

逮捕されたのは、下記の記事で記載されている元競艇選手の西川昌希被告とその親族である増川遵被告の2人。



競艇選手の八百長による逮捕者が出たのは1988年に大村で起きた不正に加工したプロペラを3人の選手が共有して八百長が行われたという事件ですから、約30年ぶりの大事件となります。

レースを運営する日本モーターボート競走会は

「業界の根底を揺るがす過去最大の不祥事」

として、今回の事件に強い危機感を抱いているそうです。

この『八百長事件』については、蛭子能収氏が表紙のイラストを担当している事で有名な有名競艇雑誌である『マクール』の3月号でも記事として掲載されていました。



更に、朝日新聞の記事によれば、

朝日新聞

競艇選手が不正な順位操作をして賄賂を受け取ったとされる贈収賄事件で、贈賄側の塗装会社員、増川遵容疑者(53)が、元選手の西川昌希容疑者(29)の出走レースを次々に的中させ、2016年2月ごろから19年9月までに利益が3億円超に達していたことが関係者の話で分かった。増川、西川の両容疑者は、利益を2人でほぼ折半したとみられる。

 関係者によると、増川容疑者は元々月2万~3万円で舟券を購入していたが、16年2月ごろから、月100万円以上を投じて西川容疑者が出走する3連勝単式舟券を購入。18年までの3年間の購入額は3億円超で、配当金は6億円超に達した。さらに、同様の手口で19年9月までに1億円近い利益を得ていたとみられる。


というように、2016年からの3年間に渡って、八百長を行い約3億円近くもの大金を稼いでいたそうです。

その他の報道では、「西川昌希容疑者は本業のボートで稼いだ賞金を1日で使い切るほどのギャンブル狂だった」という記事もあり、自分の私腹を肥やす為の行いだったとしたら、公営ギャンブルとしての競艇の信用を損ね、我々競艇ファンの気持ちを裏切る許されざる行為と言えます。

日本モーターボート競走会は1月10日に

1月8日、元ボートレーサーがモーターボート競走法違反の容疑で名古屋地検特捜部に逮捕されました。

当会といたしましてもファンの皆様の信頼を裏切る大変重大な事案と受けとめており、今後、捜査には全面的に協力するとともに、改めて、公正安全の確保に努め、再発防止を徹底してまいりたいと存じます。

という声明を出しており、その後の記者会見では、金属探知機の追加導入や私物検査に対応する職員数の増員、抜き打ち中間私物検査などの【管理・検査体制の強化】と【指導・研修会等の強化】など様々な再発防止策を行っていくと発表しました。

せっかく、近年人気を取り戻してきていただけに、本当に残念で仕方ありません。

いち競艇ファンとして今後はこのような事が起きない事を祈るばかりです。


 競艇界でノミ行為が横行か?ボートレース「西川昌希」八百長が発覚!

昨日の未明、私のところにとんでもないニュースが飛び込んで来ました。

それは、去年の7月2日に開催されたびわこ競艇にて八百長があり、元競艇選手とその親族が逮捕されたという衝撃の事件でした。

BOAT RACEの公式サイトなどではこの件については発表されていない為、詳しい内容を知らない方もいるかと思いますので、この事件について調べてみました。

まずは、各メディアの報道記事をご紹介致します。

Yahooニュース

滋賀県の競艇場で2019年7月に行われたレースでわざと負け、見返りに現金を受け取ったとして、元競艇選手の男らが、名古屋地検特捜部に逮捕された。
逮捕されたのは、東京・練馬区の元競艇選手・西川昌希容疑者(29)と、親戚で三重・津市の会社員・増川遵容疑者(53)。

西川容疑者は2019年7月、大津市の琵琶湖モーターボート競走場で行われたレースで、増川容疑者が購入した舟券に合わせて故意に2度負け、見返りに増川容疑者から、現金合わせて300万円を受け取った疑いが持たれている。

名古屋地検は、2人の認否を明らかにしていない。
日本モーターボート競走会によると、西川容疑者は2009年にデビューし、生涯獲得賞金はおよそ1億7500万円で、2019年9月に引退している。


朝日新聞

競艇で不正に順位を落とした見返りに舟券購入者から現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、元競艇選手の無職西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=をモーターボート競走法違反(競走の公正を害する行為、収賄)の疑いで、西川容疑者の親族で塗装会社員の増川遵容疑者(53)=津市=を同法違反(同、贈賄)の疑いで逮捕し、発表した。2人の認否は明らかにしていない。


東京中日スポーツ

滋賀県営「びわこボートレース場」(大津市)で昨年7月に開かれたボートレースで八百長をし、300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、モーターボート競走法違反(収賄など)の疑いで元ボートレース選手の西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=を、現金を渡したとして、同法違反(贈賄など)容疑で親戚の会社員増川遵容疑者(53)=津市=をそれぞれ逮捕した。

逮捕容疑では、西川容疑者は事前に増川容疑者と打ち合わせ、昨年7月2日の2レースでわざと4着と2着になり、その見返りに増川容疑者から300万円を受け取ったとされる。特捜部は認否を明らかにしていない。

西川容疑者を知る関係者は「『八百長を指摘する事実無根の書き込みをされ、競走会に聴取された』と話していた。それから理由も言わずに引退し、携帯電話にも出なくなった」と語った。


日刊スポーツ(引退時の記事)

三重支部のホープ、ボートレーサーの西川昌希(29)が電撃引退したことが1日、分かった。9月30日付で引退届を提出した。09年5月デビューの104期生で、通算優勝は12回。15年3月尼崎のSGクラシックに出場。同年12月の平和島周年でG1初優出(2着)を果たすなど大舞台でも活躍した。同期には松田大志郎、中田竜太、竹井奈美らがいる。

果敢にコースを取る個性派として知られ、今年9月三国のプレミアムG1ヤングダービーでも6枠からインを奪って逃げ切るなど存在感を示したが、21日の4日目11R6着を最後に病気のため途中帰郷。これがラストランとなった。ここ最近は持病の腰痛を抱えるなど、体調不良に悩んでいた。


そして、その八百長が行われたというレースが下記の2レースとなります。





私も実際のレースを見てみましたが、まさにこれは「八百長だ!」と言われても仕方ないレース内容でした。

まず、最初に八百長が行われたのはびわこ第7Rです。

報道記事によると、このレースで西川容疑者は2コースでの出走でしたが、3着圏外になるように示し合わせていたという事なのです。

下記のオッズを見ても分かる通り、西川容疑者はこの節は前日の準優勝戦まではオール3連対の活躍を見せていた事もあり、インの磯部選手に次ぐ2番人気となっており、磯部選手と西川容疑者を絡めた組み合わせが圧倒的に売れていました。



そして、実際のレースの結果を見てみると



と西川容疑者は4着となり、配当は3連単5010円の高配当となりました。

しかし、西川容疑者がこのレースで4着になる事は、

競艇の常識から言ってあり得ない事だからなのです!!


それは、単純に選手の上手い下手、モーターのパワーなどの問題ではありません!

よくこのレースの結果を見てみると、4号艇の荒井選手が転覆しております。

この転覆は1周目の第1ターンマークで起こったのですが、その後1周目を回り終えた時点で西川容疑者は3着だったのです!

基本的に競艇では転覆や落水などが発生した場合、危険防止の為に救助艇の近くでは追い抜きが禁止されていますので、ほぼ転覆や落水が発生した場合は、1周目の順位がそのまま最終的な順位となる事が一般的です。

勿論、救助艇に直接関わりのない場所では追い抜きは禁止されていませんので、絶対に順位が入れ替わる事がないとは言えませんが、基本的に選手たちは転覆・落水が発生した後に前の選手を追い抜くという事はしません。

私もこれまで様々なレースを見てきましたが、転覆・落水が発生した後に順位が変動したというレースは見たことがありませんでした。

また、レースタイムについて見るとその異常さがより鮮明に分かるかもしれません。



注目して欲しいのは3着に入線した3号艇の前出選手と2着の5号艇 澤崎選手のタイム差です。

その差はなんと9秒!


これは1/4周分も遅れてゴールしていると言う事なのです!


次に八百長が行われたのはびわこ第10Rですが、西川容疑者は1号艇での出走となっており、圧倒的な人気を集めておりました。



こちらのレースは2着か3着になるように示し合わせていたという事でした。

そして、レース結果は



第7Rに比べて、こちらは八百長と言えるかは結構際どいレース内容でしたが、どころどころ不審に思える大回りなターンが見られましたし、示し合わせた通り西川容疑者は2着となり、こちらも第7Rと同様に3連単5730円の高配当となりました。

競艇界では過去にも何度か八百長が行われていたという事は知っていましたが、八百長防止の為に様々な防止策を設けた事で近年はそのような事は発生していませんでした。

勿論、その間も八百長と疑いのあるレースは多々見かける事はありましたが、このように逮捕者が発生したケースはここ数十年聞いた事はありません。

西川容疑者は生涯獲得賞金が約1億7500万円という事ですので、たかが300万円の為にこのような事件を起こし、選手生命を自ら断ってしまうなんて。

正直、理解出来ませんね。

また、いち競艇ファンとしてこのような事が行われていたという事実は大変ショックです。
このレースで舟券を購入していた方からすると腸が煮えくり返る思いでしょうし、もし私もこのレースで舟券を買っていたとしたら絶対に許せる事ではありません!

これまで私は悪徳予想サイトの捏造を晒して業界の闇を暴いてきましたが、競艇予想サイトだけでなく、運営側にも業界の闇と言える八百長が公になりました。

今後は競艇予想サイトだけでなく、競艇業界全体がもっと健全になるように活動して行けたらと思っております。

皆様もこの事件についてのご意見や感想などをコメント欄にお寄せ頂ければと思います。



悪徳サイト
強艇
2020年2月13日
記事UP!!
強艇
2020年2月13日 NEW!!
🌸 サクラサイトと見抜けた理由 🌸

1/30 津3Rで「710万円分」のウソ!
他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。
詳しくはコチラ

 1/30 津3Rで「710万円分」のウソ!

今回、私が調査を行ったのは強艇というサイトです。

強艇が各口コミサイトで優良サイトとして公開された当初は他の悪徳サイトにありがちな的中実績がなかったのですが、その後も的中実績を調査していたところ、やはりこの強艇サクラサイトである事が判明しました。

それは、1月30日に的中したとされている超絶3点プランというプランで、悪徳サクラサイトによくあるあり得ない高額な払い戻し金額があったからです。

下記は強艇が1月30日(木)の結果としてメールで会員に配信していたものですが、津3Rで240万円ほどの払い戻しがあったとされています。



しかし、津ボートレース場より公式発表されている1月30日(木)の開催における津3Rの舟券売上金額を見てみると



募集定員については強艇のサイト内には記載されていませんので、正確な人数はわかりませんが、参加者を5名と仮定するとこのプランに参加した会員が受けた払い戻しの合計は

241万5000円×5名=1207万5000円


となり、なんと!この金額は、津3Rの全体の舟券売上(491万4200円)を上回る

アリエナイ金額となるのです!!

また、参加者をもっと少なく見積もって2名と考えた場合でも払い戻しの合計は

241万5000円×2名=483万円


しかし、テラ銭(舟券売り上げの25%が施工者の利益として引かれる)の122万8550円を考慮すると実際に払い戻しに使われる金額は

368万5650円

となりますので、参加者を2名と考えた場合でも全体の舟券売上を上回る金額となるのです!

このイカサマの事実からも1月30日(木)の超絶3点プランに参加した会員は、「実は誰もいない」という事が判明しました。


つまり、この的中実績はイカサマであり捏造されています。


それでも信じたいと思ってる方、貴方は騙されています。

いい加減に現実を見ましょう。

悪徳サクラサイトでは、このような捏造は日常茶飯事行われており、当然、私のサクラ時代もこの手の捏造作業は、毎日していました。

予め設定した獲得金額に合うように配当と資金配分を決める。

ですので、よくよくレースを見てみると明らかにまぐれで勝ってしまったようなB級選手を軸としていたり、新人選手がたまたま展開に恵まれて2、3着に入線したようなレースを平気で選定している事があるのです!

そんな事ばかりをしているので、実際に参加するといつもの的中と比べて配当が低いレースが提供されたり、本命と対抗がA級選手というガチガチの本命レースのような的中したとしても想定獲得にはまるで届かないレースが提供されるという状況が発生するのです!

的中を捏造しているわけですから当たり前の事なんですが、ほとんどの悪徳サクラサイトで競艇ファンの射幸心を煽る為に、イカサマ捏造行為を繰り返しながら、「自分も儲けられる」と信じ込ませるような実績を作るといった悪質な行為が日常化していると言うのが現実なのです!!

以上の点から強艇

イカサマ捏造率は100%と判断出来ます!


他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。

皆様からの情報提供をお待ちしております。


運営会社詳細
【サイト名】 強艇
【運営会社】 ストロングボート運営事務局
【運営者】 山本 孝
【電話番号】 03-5843-9938
【住所】 東京都豊島区池袋2丁目50-4



悪徳サイト
競艇ライフ
2020年1月30日
記事UP!!
競艇ライフ
2020年1月30日 NEW!!
🌸 サクラサイトと見抜けた理由 🌸

1/12 桐生2Rで「750万円分」の架空計上!
他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。
詳しくはコチラ

 1/12 桐生2Rで「750万円分」ウソ計上!

今回、私が調査を行ったのは競艇ライフというサイトです。

このサイトは「金剛丸勇次郎」、「Mr.T(ミスターティー)」、「東条サクラ」という予想師が主に買い目を提供を行うというサイトでした。

それぞれ、予想師によって特徴などがあるようですが、3人ともとても胡散臭い感じです。
金剛丸」という名字の方は全国でも約50人ほどしかいないらしいですし、特にプロの予想師としては珍しい女性予想師の「東条サクラ」なんて正にサクラサイトを暗示させるかのような名前です。


そして、登録後に的中実績を調査したところ、やはりこの競艇ライフサクラサイトである事が判明しました。

それは、1月12日に的中したとされている「東条サクラ」が提供したとされる【SSS】レインボーコースというプランで、悪徳サクラサイトによくあるあり得ない高額な払い戻し金額があったからです。

下記は競艇ライフが1月12日(日)の結果としてメールで会員に配信していたものですが、桐生2Rで188万円ほどの払い戻しがあったとされています。



しかし、桐生ボートレース場より公式発表されている1月12日(日)の開催における桐生2Rの舟券売上金額を見てみると





競艇ライフから配信されたメールにはこの【SSS】レインボーコースの参加者は10名と記載しておりますので、会員が受けた払い戻しの合計は

188万1250円×10名=1881万2500円


となり、なんと!この金額は、桐生2Rの全体の舟券売上(1127万900円)を上回る

アリエナイ金額となるのです!!

しかも、この結果は「東条サクラ」の的中実績には記載されておらず、隠蔽されているのです!

このイカサマの事実からも1月12日(日)の【SSS】レインボーコースに参加した会員は、「実は誰もいない」という事が判明しました。


つまり、この的中実績はイカサマであり捏造されています。




上記のようにメールに載せていた参加した会員からの声も全て競艇ライフが捏造したものなのです!

私も悪徳サクラサイトで、運営をやらされていた頃はこのような捏造作業は日常茶飯事でした。

レース終了後に各開催場の配当を見比べて提供コースの目標金額に合うように的中実績を作成し、高額獲得金額で会員の「射幸心を煽る」というルーティン。

そして、「会員からの声」や「各口コミサイトへの投稿」も毎日のように自分たちで入力を行っていました。

ほとんどの悪徳サクラサイトではこのように競艇ファンの射幸心を煽る為に、イカサマ捏造行為を繰り返しながら「自分も儲けられる」と信じ込ませるような実績を作るといった悪質な運営を行っているのです!!

以上の点から競艇ライフ

イカサマ捏造率は100%と判断出来ます!


他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。

皆様からの情報提供をお待ちしております。


運営会社詳細
【サイト名】 競艇ライフ
【運営会社】 株式会社アドバンス
【運営者】 小野 一
【電話番号】 03-4405-5644
【住所】 東京都大田区東六郷3丁目16-2



悪徳サイト
ナイトボート(NIGHT BOAT)
2020年1月14日
記事UP!!
ナイトボート(NIGHT BOAT)
2020年1月14日 NEW!!
🌸 サクラサイトと見抜けた理由 🌸

12/20 津11Rで「230万円分」のウソ!
他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。
詳しくはコチラ

 12/20 津11Rで「230万円分」架空計上!

今回、私が調査を行ったのはナイトボート(NIGHT BOAT)というサイトです。

サイト名からしてナイターレースを提供する予想サイトなのかと思いましたが、どうやらデイレースも提供するようでした。

ですが、サイト名の通りやはりナイターレースにはかなりの自信があるようです。

そして、登録後に的中実績を調査したところ、このナイトボート(NIGHT BOAT)サクラサイトである事が判明しました。

それは、12月20日に的中したとされているAceというプランで、悪徳サクラサイトによくあるあり得ない高額な払い戻し金額があったからです。

下記はナイトボート(NIGHT BOAT)が12月20日(金)の結果としてサイト内に表示していたものですが、津11Rで252万円ほどの払い戻しがあったとされています。





しかし、津ボートレース場より公式発表されている12月20日(金)の開催における津11Rの舟券売上金額を見てみると



募集定員についてはナイトボート(NIGHT BOAT)のサイト内には記載されていませんので、正確な人数はわかりませんが、参加者を5名と仮定するとこのプランに参加した会員が受けた払い戻しの合計は

252万8820円×5名=1264万4100円


なんと!この金額は、津11Rの全体の舟券売上(1032万7800円)を上回る

アリエナイ金額となるのです!!

このイカサマの事実からも12月20日(金)のAceに参加した会員は、「実は誰もいない」という事が判明しました。


つまり、この的中実績はイカサマであり捏造されています。


悪徳サクラサイトでは、このような捏造は日常茶飯事行われており、当然、私のサクラ時代もこの手の捏造作業は、毎日していました。

予め設定した獲得金額に合うように配当と資金配分を決める。

ですので、よくよくレースを見てみると明らかにまぐれで勝ってしまったようなB級選手を軸としていたり、新人選手がたまたま展開に恵まれて2、3着に入線したようなレースを平気で選定している事があるのです!

そんな事ばかりをしているので、実際に参加するといつもの的中と比べて配当が低いレースが提供されたり、本命と対抗がA級選手というガチガチの本命レースのような的中したとしても想定獲得にはまるで届かないレースが提供されるという状況が発生するのです!

的中を捏造しているわけですから当たり前の事なんですが、ほとんどの悪徳サクラサイトで競艇ファンの射幸心を煽る為に、イカサマ捏造行為を繰り返しながら、「自分も儲けられる」と信じ込ませるような実績を作るといった悪質な行為が日常化していると言うのが現実なのです!!


以上の点からナイトボート(NIGHT BOAT)

イカサマ捏造率は100%と判断出来ます!


他にも追求ポイントがあれば随時更新致します。

皆様からの情報提供をお待ちしております。


運営会社詳細
【サイト名】 ナイトボート(NIGHT BOAT)
【運営会社】 NIGHT BOAT運営事務局
【運営者】 河本 正則
【電話番号】 050-5327-3315
【住所】 東京都新宿区新宿4-3-17



最新的中TOP5

 1位 競艇予想ノヴァ

2月13日 70万2860円獲得!!

→的中予想を見る

 2位 競艇ブルーオーシャン

2月15日 61万3440円獲得!!

→的中予想を見る

 3位 競艇バレット

2月17日 46万8860円獲得!!

→的中予想を見る

 4位 三競的中の法則

2月17日 39万5010円獲得!!

→的中予想を見る

 5位 マジックボート

2月13日 31万1880円獲得!!

→的中予想を見る

アクセス急上昇サイト

口コミ件数 33件

口コミ件数 127件

口コミ件数 73件

口コミ件数 123件

 5位 戦国ボート

口コミ件数 62件

管理人の思い

2017年12月、私はある求人を見つけました。

「競艇ライター募集」
元々競艇が一番の趣味であった私は「趣味が仕事にできる」と飛びつきましたが、今思えばそれが人生最大の過ちでした。

スグに面接を希望し、返信が届き、翌日に事務所までこれないか?と言われ張り切って向かいました。

面接には若い男2人組が現れ、そこで聞かれたことは「競艇歴」と「予想ができるか?」でした。
歴は10年、予想は個人舟券程度なら‥と答えたのですが、その回答をした途端「採用決定!」と2人は大変喜んでいました。

競艇雑誌のライターのような仕事をイメージしていた私は少々あっけにとられたのですが、その日はそのまま帰路につくことに。
翌日から出社させられると、オペレーター専用ルームなるものが用意されていました。

席に着くと、その会社の本当の業務内容を始めて説明されました。
実はその会社は「競艇予想サイト」だったのです。
ライターで募集をかけて予想できそうな人間を探したいたそうです。

当時は予想サイトの存在すら知らなかった私は出会い系のサクラを連想し、大変恐怖を感じました。

その会社では当時予想サイトを3サイト運営していて、各サイトに2名ずつサポートが付いていました。
驚愕したのは、その全員が「競艇を知らない素人だった」ことです。

専属の現地記者や予想ロボットがいると、サイトには体の良いことが書いてあったのですが、実際はそのような情報源はなく、予想もその素人達が行っていたそうです。

曲がりなりにも競艇を知っていた私はその会社では神の様に扱われましたが、業務内容はさらにストレスフルな物がまっていました。

・1日30本の予想
・1日30個のサクラレビューの投稿

予想が当たらない時はオーナーの機嫌が悪くなり、「お前が当てられないならユーザーに高額商品を売れ」とセールスを強要されました。
何より過酷だったのは、サクラ口コミの投稿作業です。

本当は当たっていないのにー当たったと書かなくてはいけない作業でした。

商品さえ売れれば、例え口コミやセールス内容のつじつまが合っていなくても許されました。オーナーがいつも言っていたのは
「他が騙してるんだからウチも騙さないと売れないっしょ?」でした。

情けない話ですが、反社会勢力を思わすようなオーナーの風貌にビビッてしまい、自分は意見することはできませんでした。

糞の様な詐欺競艇サイトが世の中に蔓延している、その事実を知りながら、1年間もそこに勤めました。
結局1年間「競艇に関する記事(ライター業務)」をすることは一度もありませんでした。

辞める際も、「ほかの競艇予想サイトに入社したら●すから」という脅しも受けました。

暗い自己紹介になってしまいましたが、私が当サイトを立ち上げた理由はシンプルです。
世の中から悪徳な競艇サイトを撲滅したい。

勇気と信念をもって、誰よりもサイトの裏側を知る自分がやらなければいけないと思います。
ただ悪口を言うだけの検証サイト、内部の人間が書いた「サクラ口コミ」を容認するようなサイトにだけは絶対にしません。

私の競艇知識と運営者経験から、真面目で競艇が好きなサイトを見つけ出し、応援しようと思います。

私の様な犠牲者が二度と現れませんように…。

サイト内検索

最新口コミ